二の腕の使わない筋肉を鍛えるトレーニング

二の腕の筋肉が減少すると、たるみが目立ってしまいます。年齢の影響もありますし、運動不足でもたるむので同じ悩みの人もいるでしょう。
両手をデスクやテーブルについて立ち上がる機会は多いので、二の腕の外側の筋肉は鍛えやすくなっています。
テーブルの下に手を入れて持ち上げるようにすると、二の腕の筋肉を万遍なく全体を使っていることに気が付きます。しかし、この動作をすることは日常ではとても少ないでしょう。
仕事や家事の合間に、テーブルやデスクを持ち上げるようにして1分間キープします。思い付いたときに何回か繰り返すと、二の腕のプチトレーニングになりますし、肩こり解消までできます。
フリソデと呼ばれてしまう部分を鍛えるのにもう1つ方法があります。
立っていても座っていてもかまわないので、両手の平を後ろに向け、腕はまっすぐにしたままで後ろに持ち上げます。
腕の重さだけでも2kgあるのでダンベルを持たなくても筋トレになります。ダンベルがあればさらに効果が上がると思います。
この方法で二の腕筋トレを続けていると、だんだん引き締まってきました。僧帽筋まで動かせるので肩こり解消もできてお得な方法だと思います。
無理なく簡単にできるからオススメです。